​あなたの改善ポイント

睡 眠

​癒 し

あなたに必要なのは『睡眠』『癒し』です。

適度な運動というのは健康状態によって

大きく異なります。

運動不足であっても体が疲労している状態では、

消耗してしまう可能性があります。

それぞれの項目の具体的な改善策をみてゆきましょう。

      睡眠について

『熟睡』とは、身体が休息している時にはたらく

自律神経「副交感神経」が優位になり、

リラックスして眠っている状態のことです。

交感神経
日常的にアクティブな活動を行っている時に

活性化する神経


副交感神経
日常的にリラックスする活動を行っている時に

活性化する神経

質のよい睡眠がとれ、熟睡できると

「目覚めの爽快感」や「満足感」が得られます。

ただし、「熟睡できたかどうか」は、

主観によるものなので明確な基準はありません。

睡眠には量より質という考え方が重要です。
 


【熟睡するためのチェックポイント】


□ 8時間以上の睡眠は極力避ける
□ 休日も一定の時間に起床する
□ 寝る直前1時間は、

スマホやPCのライトはできるだけ浴びない
□ 食事は、就寝3時間前までに済ませる
□ 就寝の90分前にお風呂に入る

(湯船に浸かるのが望ましい)
□ 照明、寝具、リラックスできる

音楽など寝る環境を整える
□ 眠くない時は無理に寝ない
□ 夜に激しい運動をしない
□ 考え事をしながら寝ないようにする

日々のストレス改善について

あなたに必要なのは

『日々のストレス改善』です。

適度な運動というのは健康状態によって大きく異なります。

運動不足であっても体が疲労している状態では、

消耗してしまう可能性があります。

それぞれの項目の具体的な改善策をみてゆきましょう。

『ストレス』の原因は人それぞれで、

それを本質的に取り除くことは困難です。

そこで重要なことは、

受けたストレスをどのように

対処するかということです。

普段からお仕事や私生活が忙しく、

なかなか自分の時間を作るということが

難しいかもしれません。

しかしながら、その生活習慣を続けると

カラダとココロ両方に影響がでる

可能性があります。

自分なりにリラックスの手段を見つけることは

健康を考える上で非常に重要です。

【ストレスを溜め込みにくくするための

チェックポイント】

□ 毎日、朝食を食べる

□ 湯船に浸かる(39度〜41度のお湯で15分入浴)

□ 腸内環境を整える(食物繊維を1日20〜25g摂取)

□ スクワットを行う

□ 適度な昼寝を取り入れる(15〜30分程度)

□ ホットタオルで体を温める(首や目元がおすすめ)

□ 腹式呼吸などの呼吸法を行う

□ 瞑想、マインドフルネスで頭の中をリセットする

□ その他、あなたがリラックスできる時間を

定期的につくる

© 2020 HQCTOKYO, Inc.

  • Facebook Social Icon

HQCチェック®は株式会社ヘルスデザイン プロモーションの登録商標です